学校生活

【学生向け】嫌味や皮肉を言われた時の返し方4選!(実体験アリ)

「同級生に嫌なことを言われたんだけど、反論したくても言い方が思いつかなくて言葉がすぐに出てこなくて、後から悔しい気持ちになることが多い。上手な言い返し方があれば教えてほしいな」

この記事は、嫌味や皮肉を言われて傷ついていて、どうしたらいいのかと悩んでいる、素直で繊細で、傷つきやすい学生さんに向けた記事です。

こんにちは、アオイソラです。

プロフィール アオイソラってどんな人? こんにちは、当サイト運営者のアオイソラと申します。 現在、在宅で会計事務とライターの仕事をしてい...

学校には気の合う人ばかりではなく、なんとなく自分とは合わない苦手な人や、確実に嫌いな人もいますよね。

時間がない方のために、嫌味や皮肉を言ってくる相手への返し方を箇条書きしておきますね。

嫌なことを言われた時の返し方
  • 「まあ、…友達でもないから仕方ないか」
  • 「もうさ、ネチネチするの、やめようか」
  • 「…どうしたの?」
  • 「悲しいですよね」

それでは、詳しく説明していきますね。

嫌味や皮肉を言われた時の返し方4選

今回は、

  • 返し方のフレーズのご紹介
  • そのフレーズはどんな場面で活用できるか
  • シチュエーションの具体例や、それをしてうまくいった経験

この順序でご紹介させて頂きます。

※ちなみにシチュエーションは、すべて私の実体験です。

(1)「まあ、…友達でもないから仕方ないか」

「まあ、…友達でもないから仕方ないか」の使い方

どんな相手に使える?
  • 友達ではない相手
  • たまに話はするのだけれど、友達と呼ぶには微妙な相手
  • 向こうは友達だと思っていても、実はこっちはあんまり付き合いたくないんだよなー、という相手
どんな時に使える?
  • 何か個人的に嫌なことを言われた時(他人がそれを聞いても、大したことないような、ささいな嫌味や皮肉がメイン)
どんな風に使う?
  • 「…」の部分で、ちょっと沈黙する(ためる)
  • 聞こえるか聞こえないかぐらいの声で、ボソッと呟く
  • もし聞き返してきたら、「ううん、なんでもない」と言う

あえて沈黙を作ったり、あえてボソッと言うことで、相手を聴く姿勢にさせるんです。

ポイントは、会話の主導権を握るということです。

そして、同じレベルで会話するのをやめることです。

もし何か聞き返してきても、「ううん、なんでもない」と言って、会話をやめてしまいましょう。

とにかく、そんな相手とはなるべく関わらないようにすることです。

相手も、それを何回か繰り返しているうちに、嫌になってきて、もうあなたには近づかないようになります。

あなたとは同じレベルの場所にはいないよ、と暗に伝えられるから、この言い方はオススメです。

シチュエーションの具体例(私の体験)

具体例に私の体験談を挙げてみました。

①何か嫌味や皮肉を言われた

②あなたが傷ついた(たぶん素直なあなたの表情に表れた)

③相手が「お前は弱いな」と言う

④ひどい時、相手はさらに、「もっと強くなれ」と言う

ちなみにこれ、私が大人になってから経験したことです。

相手は職場の先輩で、年齢も少しだけ上。

アオイソラ

当時は、先輩ということもあり、遠慮しながら会話していました。

私の場合は、「弱い」とか「もっと強くなれ」と言われるのが、とても嫌で、傷ついていました。

でも、「弱いな」っていう言い方は、人によっては、それを言われても何にも思わなかったりします。

この、「あなたにとっての傷つく嫌味や皮肉を言われた」という部分がポイントです。

相手は、友達ではないんだけど、同じ職場で、一緒にご飯を食べるような関係でした。

アオイソラ

そういう微妙な関係性の人って、いますよね。

結局私は、ことあるごとに「弱い」とか「強くなれ」とか言われ続け、言い返せないまま、時が流れ、結局、私が最初に退職しました。

しかし、退職して数か月経ったある日、会社のOB会があり、そこでその先輩と再会することになります。

そのOB会の帰り、その先輩が、車で送ろう、と言ってくれました。

車の中には合計4人乗っていて、お互いの近況を話し合うような場面に。

案の定、先輩が私に、今の仕事の内容を聞いてきたんですね。

当時私は素直な青年だったので(笑)、今いる会社のいいところや悪いところなど、ありのままを話しました。

やはり、先輩が嫌味っぽく言いました。

「うわーなにそれ、変な会社だな」

私としては、その頃、結構気に入っていた会社だったのですが、嫌な気持ちになり、黙ってしまいました。

すると先輩が言いました、「弱いな」と。

私は、少しの沈黙の後、勇気を出して言ったのです。

「んー、まあ仕方ないよね友達でもないし」(ちょっと早口)

ちょうど車の窓も開いていたので、聞こえるか聞こえないかぐらい。

先輩がどう思っていたかはわかりません。

早口に言ったので、すぐに意味を飲み込めなかったとは思います。

でもその時、明らかに車の中の空気が変わり、私はなんだか呼吸がしやすくなったのを覚えています。

その後、先輩は給料をいくらぐらい貰えているかという話までしてきて、一人一人に聞いていきました。

私は、もう開き直って、「まあまあ貰えてるかな。別にいいんじゃない、人それぞれだし」など、でたらめを言って車を降りました。

その後、その先輩とは出会っていません。

友達でもないような、微妙な相手との関係を断ち切りたい人には、

「まあ、…友達でもないから仕方ないか」

この言い方は、その場の空気を変えてくれて、あなたがこれ以上無用に傷つくのを避ける働きがあります。

使ってみてください。

補足:あなたが相手のことを友達だと思っていたとしても

しかしもし、あなたが相手のことを友達だと思っていたら?

その場合、話は別です。

そんな嫌なことを言われても、友達だし、いいところもあるから、そんなことは言えないなぁ。

もしあなたにそういう感情があるから、それは、あなたのその感情を大切にしてください。

ですが、その場合でも、あなたは、あなたを守るために、

「まあ、…友達でもないから仕方ないか」

というセリフは、頭の片隅に置いておいてくださいね。

きっと、あなたのお守りになりますから。

アオイソラ

最後に補足ですが、友達だとその時は思っていても、自分でそう思い込んでいるだけの場合もあります。そういう場合に、嫌なことを言われやすい傾向があるように思います。合わない人と無理に一緒にいたりしていませんか?人間関係を見直してみるのもいいかもしれませんね。

(2)「もうさ、ネチネチするの、やめようか」

「もうさ、ネチネチするの、やめようか」の使い方

どんな相手に使える?
  • 全然友達でもなんでもない相手
どんな時に使える?
  • 相手がネガティブなことをしつこく言ってきて、あなたがそれに巻き込まれそうな時
どんな風に使う?
  • ちょっとだけ明るく、ちょっとだけ大きめの声で言う
  • できれば、周りにそれを聞いている人がいれば尚良し
  • 言った後はなるべくその場を立ち去る

明るく言うのがポイントです。

「苦労がどうとかそんなことよりまず、そのネチネチした空気をやめませんか?」という、あなたからの意思表示です。

できれば、相手と自分以外に、その会話を聞いている他の人がいたら、効果大です。

相手からすると、「ネチネチしている」と言われているのを人に見られているわけで、これは恥ずかしいからです。

ただ、仕返しをされないためには、やはり、明るく言うことです。

また、これを言った後は、なるべくなら本当にその場から離れましょう。

無理やりでも、トイレにでも言って、言い逃げをすれば、このフレーズは信ぴょう性を増します。

そうすることで、「ネチネチしてる人は嫌で、本当に離れていった」という、あなたからの意思表示をすることができます。

ネチネチとしつこく言ってこられて、あなたはもうヘトヘトなはずです。

「もうさ、ネチネチするの、やめようか」

そう言い放って、一刻も早く、あなたが傷つく場面をストップさせましょう。

シチュエーションの具体例(私の体験)

①相手が、何か大変だった出来事をネチネチ話してくる

②言い終わった後に、あなたに向かって、「お前ももっと苦労した方がいい」

上記の例は、相手がさんざん自分の苦労話をしてきて、ネガティブな事をさんざん聞かせたあげくに、「お前ももっと苦労した方がいい」と言って、ネガティブに巻き込もうとしています。

「うわぁ!大変だったね!苦労してるね!」

と、嘘でもなんでもいいから褒め称えてあげたら、相手も満足するのでしょうが、そこまでしたくないですよね。

アオイソラ

私は思い切って褒めまくったことがありましたが、その時、顔が軽く痙攣したので、それ以来一度もやっていません(^_^;)

このシチュエーションは、高校生の時に体験したこともあるし、また、社会人になってからも体験しました。

高校生の時の体験も、社会人になってからの体験も、共通して言えるのは、相手がとにかくしつこく、ネガティブなことを話しかけてきて、さらに巻き添えを食らわそうとしていたことです。

私の場合、高校生の時は、黙って聞いているだけでした。

社会人になってからは、ある会社での上司がそんな人でした。

昔の苦労話をさんざんしてきて、

「お前ももっと色々苦労した方がいい」

そんなことを言ってくることが、何度もあり、正直うんざりしていました。

ある時、私は言いました。

「もう、昔話のネチネチはいいでしょ。もう昔じゃないんですから」

と。

周りにも何人かいました。

すると、上司は笑っていましたが、いつもとは違う変な笑い方だったのを覚えています。

周りに人がいるなかで、「もう、昔話のネチネチはいいでしょ」と言われたことが、きっと恥ずかしかったのでしょう。

それ以来、上司は昔話をほとんどしなくなりました。

そのため、「お前ももっと苦労した方がいい」と言われることもなくなりました。

それぐらい、効果はあったので、勇気はいるかもしれませんが、タイミングを見て、言ってみるのもアリです。

(3)「…どうしたの?」

「…どうしたの?」の使い方

どんな相手に使える?
  • 友達でも、友達じゃなくても、知り合いなら誰に対しても使える
どんな時に使える?
  • 嫌味や皮肉を言われた時に、幅広く使える
どんな風に使う?
  • キョトンとした表情で言う

これは、相手が友達であっても、友達ではなくても、喋ったことのある知り合いであれば、誰に対しても使えるフレーズです。

相手が先輩だったら、「…どうしたんですか?」でもかまいません。

嫌なことを言われたら、キョトンとした表情になりましょう。

そして一言、「…どうしたの?」と言います。

「…どうしたの?」と聞き返すことで、いったん相手の出方をうかがうことができます。

もし相手が友達なら、その時に「ごめん、悪いこと言った」と謝ってくるかもしれません。

そして、もし相手が友達ではなく、その人に悪意があった場合。

「…どうした?」と、相手の異常さ、意地悪さについて、ちょっとだけ本気になって、心配してあげてください。

相手はきっと、多少なりとも狼狽します。

そうすると、少しでもあなたの不利な状況をかき乱すことができるので、もし嫌なこと、皮肉など言われた時は、

「…どうしたの?」

と、キョトンとした表情を作って、言ってみてください。

聞き返すことで、あなたにバリアができるし、うまくいけば、相手は関わってこなくなります。

シチュエーションの具体例(私の体験)

これもまた、私が社会人になってからの体験です。

アオイソラ

嫌味や皮肉は、子供だけのことで、大人になったらなくなるものだと思っていました(汗)大人になってからもあるので、学生の皆さんには、今のうちに、少しでも傷つかない方法を身につけて頂きたいです!

これは、私がマラソンをし始めて、大会にも出るようになった頃の体験です。

私が、とあるマラソン大会を完走し、名前と記録が新聞に載ったのですね。

すると、年配の男性が近寄ってきて、その新聞を見たことを伝えに来ました。

しばらく、

「いつもどれだけ練習するんだ?」

とか、

「最高タイムは?」

とか、聞いてきたあげく、最後にその年配の男性が言いました。

「お前たいしたことないな」

内心、カッチーン!ときました。

ただ、そういう表情を見せたら負けだと思いました。

私はこう返しました。

「…えっ? えっ? それで、どうしたんですか?」

ポカーンとしながらも、ちょっとびっくりしたフリをして。

そしたら相手の年配の男性は、驚いたことに、

「だから!お前はたいしたことないんやな!?」

と、ちょっと怒ったように繰り返し言ったのでした(笑)

相手がそんな風に狼狽しているのを見て、カチンときた気分はだいぶん収まりました(完全に収まりはしませんでしたが)。

アオイソラ

世の中には本当にいろんな人がいるので、多少は、心の中に武器を持っておいた方がいいと思います。

「…どうしたの?」は結構使えます。

是非あなたの武器にしてください。

補足:最初から会話をしないという方法もあります

意地悪な相手だと知っていたら、最初から会話をしない、という手も知っておきましょう。

しかしそれでも、面倒な相手の場合、わざわざ向こうからやって来ます。

そんな場合に備えて、私が大人になってから獲得した、意地悪な相手との会話方法は、

常に自分の思いとは正反対の返事を返す

です。

具体例を挙げてみます。

たとえばあなたが、ある陸上競技で33分台で走り、入賞したとします。

意地悪な相手がその話題について話しかけてきたら、

「全然無理。走りきれなかった。35分くらいかかってしまった。途中立ち止まってしまった」

とか、デタラメを言ってみましょう。

もう、結構むちゃくちゃな返事をしておきましょう。

たとえ相手が事実を知っていたとしてもです。

嘘ついてるとバレても、

「え?そうですか?」

「なんかちょっとよくわからないんですが」

「何の話してます?」

「え、すいません、ちょっと意味が」

「あ、なんかしんどい。具合悪い、なんでだろう」

もう、はなから会話を成り立たなくさせるのです。

そのぐらいしても、こういう意地悪な相手にはちょうどいいので、このむちゃくちゃな会話を楽しんでみるのも手です。

最終的には、相手が自分から離れていくことが目的です。

(4)「悲しいですよね」

「悲しいですよね」の使い方

どんな相手に使える?
  • 結構ひどい嫌味や皮肉を言ってくる相手
  • 明らかにハラスメントしてくる相手(身体的な特徴を罵る相手、セクハラしてくる相手、パワハラしてくる相手など)
どんな時に使える?
  • 言葉の暴力を受けたとあなたが感じた時
どんな風に使う?
  • 一言、静かに言い返すのみ
  • 語気を少し強めに言う

基本的には、無視するのが一番です。

でも、どうしても返したいなら、

「悲しいですよね」

と一言、さらっと静かに言い返しましょう。

ポイントは、「悲しいです」ではなく、「悲しいですよね」と、やんわりと、同調を求めておくことです。

言外に、「あなたには分からないでしょうが」というのが含まれています。

むしろ、含めておきましょう。

語気にちょっと強さを含んでいれば尚良しです。

そして、そこからは、もう無視していきましょう。

そこまで頑張って、それでもひどいことを言われるようであれば、あとは先生に相談、もしくは、第三者機関に相談です。

厚生労働省 困った時の相談方法・窓口 ⇒リンクはこちらです。

シチュエーションの具体例(私の体験)

私の体験ですが、これもまた、社会人になってからの出来事です。

ただ、学生の方も、想定できそうなシチュエーションです。

学生でいうと、学校行事での上級生とのやり取り、もしくは、上下関係のある部活動において、似たような場面があるかもしれません。

私の場合、相手が上司で、それがとってもねちっこい人でした。

私が分からないことを質問すると、

「ちょっとは自分で考えた?」

と怒鳴られたり、

私のミスを見つけては、

「そんなミスか。がっかりした」

と嫌味ったらしく言われたり…。

アオイソラ

地獄でした(泣)

ある時私は、近くに上司が座っている時、相手の顔も見ずにキーボードを叩きながら、言いました。

「なんか悲しいですよね」

上司は、

「何が?」

と聞いてきましたが、私はそれ以上答えませんでした。

はっきり言ってその時は、相手に何のダメージも与えられませんでした。

でも、自分の中では、猫パンチくらいはできた、と思っています。

「なんでもっとやれないんだ、もっと言い返せ!」

と言われそうですが、パワハラ上司だったため、はっきり言って、そこまでの勇気はなかったです。

逆に私は、第三者を通し、倍返ししました。

下手に自分が傷つきたくないのであれば、

「悲しいですよね」

というお見舞いの言葉を添えて、あとは第三者機関にゆだねるのが有効的だという、私の事例でした。



まとめ:傷つくことを言われた時の返し方

では、おさらいです。

嫌なことを言われた時の返し方
  • 「まあ、…友達でもないから仕方ないか」
  • 「もうさ、ネチネチするの、やめようか」
  • 「…どうしたの?」
  • 「悲しいですよね」

今回の記事は、なんだかすごく力が入りました(笑)

学生さんには驚かれるかもしれませんが、今回ご紹介したシチュエーションは、すべて私が社会人になってから経験した出来事です。

アオイソラ

私の場合、「大人は皆、礼儀があるから、失礼なことは言わない」と思い込んでいたせいで、傷つくことは多かったです。

悔しかったし、腹も立ったし、「相手も大人なんだから」と、相手をいい風に解釈していた自分にも腹が立ちました。

悲しいことですが、世の中には、意地悪な人がいて、その人は、大人になっても、おじいさんになっても、やっぱりずっと意地悪なままです。

なので、これを読んで下さっている学生さんには、今のうちに、自分の身は自分で守る術を身につけて頂きたいので、今回、この記事をアップしました。

学生の頃から受ける心の傷は、なるべくなら少ないに越したことはありません。

傷ついた経験は、誰かが傷ついた時に、その人を理解する助けにはなります。

でも、あなたが必要以上に傷つくことはないんです。

皆様が、この記事を参考にされて、なるべく穏やかに学校生活を過ごせますように。

そしてその経験が、大人になってからも生かされますように。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

アオイソラ

↓よかったら下のボタンをポチッと押してくださいませ!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


ABOUT ME
アオイソラ
在宅で経理事務をするフリーライター。マラソン歴10年。当サイトではマラソン関連の情報のほか、学生の悩み解決についての情報や、個人でもできるSDGsについての情報を発信中。現在スポリートアンバサダーの活動中。 <陸上競技PB> ・10kmマラソンPB…36:37(グロスタイム) ・ハーフマラソンPB…1:24:39(グロスタイム) ・フルマラソンPB…2:59:53(グロスタイム)