勉強方法

【学生向け】集中して勉強できる場所のおすすめ5選!【メリット・デメリット】

「同じ場所でばかり勉強していると飽きる。近くに良い場所ないかな。カフェで勉強ってどうなのかな?勉強できるような、おすすめの場所を教えてほしいな」

そんな悩みを持たれている方への記事です。

こんにちは、アオイソラです。

プロフィール アオイソラってどんな人? こんにちは、当サイト運営者のアオイソラと申します。 現在、在宅で会計事務とライターの仕事をしてい...

私も、もれなく学生の経験がありますので、この悩みは毎日のように抱いていました。

私の場合は、子供の頃に住んでいたのが田舎町だったので、勉強場所を探すのはかなり苦労しました。

今回、おすすめの場所をご紹介するにあたって、その場所のメリットとデメリット、それから、その場所で勉強するにはどんな勉強が適しているのかをまとめてみました。

勉強の種類については、以下の3種類にカテゴリー分けしました。

  • 暗記
  • 計算
  • 参考書を読む

ご自分の生活スタイルに合わせて、それぞれの場所を活用してみてくださいね!

それでは、どうぞ↓

集中して勉強できるおすすめの場所5選

(1)家の食卓(テーブル)

まずオススメしたいのが、お家にある食卓のテーブルです。

家の食卓(テーブル)

①メリット

短時間集中できる

②デメリット

家族との会話が盛り上がってしまう

③おすすめの勉強カテゴリー

暗記、参考書を読む

家の食卓で勉強するメリット

家の食卓で集中できるのは、適度に人の気配がすることで、逆に自分の世界に入れる場合があるからです。

全くの無音だと落ち着かないことはないでしょうか?

ある程度の雑音がある方が落ち着く人には、家の食卓はおすすめです。

もちろん、家族の誰かがそこにいる前提です。

もう一つの理由としては、ご家庭の食卓というのは、普段からリラックスしている場所の可能性があるので、リラックスした状態で勉強に臨めることが期待されるわけです。

アオイソラ

実際、私も学生の時は、自分の部屋が二階にありながら、わざわざ台所のそばのテーブルに座り、参考書を読んだりしていました。無意識にやっていましたが、案外はかどったんですよね。

家の食卓で勉強するデメリット

家族がいると、自分の部屋にこもって勉強していたら話せなかったことも、食卓で勉強することで、家族とのコミュニケーションが生まれます。

これはこれで良いことだと思います。

ですが、家族との会話も、ほどほどにしないと勉強がはかどらないので、ご注意願います。

家の食卓ではこんな勉強がオススメ

暗記、参考書を読む

計算の勉強は、消しゴムを使って消した場合に、消しカスが食卓のテーブルに散らかるので、この場合はおすすめしていません。

もちろん、暗記であれ、参考書を読むことであれ、このご家族に迷惑がかからないことが前提です。

というわけで、まず第一に、お家の食卓のテーブルを勉強する場所として、オススメしました。

(2)図書館

次にオススメするのが、図書館です。

図書館

①メリット

周りにも勉強している人がいるので、やる気が出る

②デメリット

静か過ぎて落ち着かない

③おすすめの勉強カテゴリー

暗記、計算、参考書を読む

※ただし、今現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策として、場所によっては、自習を禁止している場所もございます。

図書館で勉強するメリット

図書館には、自分以外にも勉強しに来ている人がたくさんいます。

その空気にあえて飲み込まれてみましょう。

そうすることで、自然と、自分も勉強するモードに切り替わります。

図書館で勉強するデメリット

図書館は静かなので、落ち着くのは落ち着くのですが、あまりに静か過ぎるがために、馴染めない気分になることがあるのはデメリットですね。

なので、図書館の静けさが、かえって集中を妨げているなと感じたら、早めに切り上げるのも手です。

図書館ではこんな勉強がオススメ

暗記、計算、参考書を読む

図書館であれば、だいたいのことは可能です。

※ただし、電卓を使うような計算は、電卓を叩く音が周りの迷惑になる可能性があるので、避けた方がいいです。

(3)カフェ

次にオススメするのが、カフェでの勉強です。

カフェ

①メリット

コーヒーなど飲みながら勉強できる

②デメリット

長居できない

③おすすめの勉強カテゴリー

暗記、参考書を読む

※ただし、今現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策として、場所によっては、自習を禁止している場所もございます。

カフェで勉強するメリット

飲み物を飲む行為が、間に休憩を挟む行為につながります。

そのため、集中力が長持ちして、勉強がはかどるのです。

カフェで勉強するデメリット

カフェは不特定多数の方が、お金を払って入店する場所です。

長居することはあまりおすすめしません。

お店としては、お客さんの回転率を上げて、お店の利益を出したいのですが、あまり長居されると、回転率が悪くなってしまい、本当はもっと稼げたかもしれない利益を失ってしまうかもしれないのです。

なので、店内が満席状態になっていて、並んでいる人や入店を待っている人がいたら、勉強を切り上げましょう

周りへ配慮していくことで、店員さんと良好な関係を築くことができ、結果、次からもそのお店に入りやすくなりますよ。

カフェではこんな勉強がオススメ

暗記、参考書を読む

計算問題は、広げる書類が多くなり、場所をとってしまうので、カフェのテーブルで勉強するには不向きです。

何か飲みながら勉強するのであれば、暗記や、参考書を読むのがおすすめです。

なるべく、勉強のアイテムは最小限にしておきましょう。

(4)ショッピングモールの休憩場所

ショッピングモールの休憩場所

①メリット

気軽に勉強できる

②デメリット

長居できない

③おすすめの勉強カテゴリー

暗記

ショッピングモールで勉強するメリット

ショッピングモールは、カフェとは違って、入店するのにお金がかかりません。

また、ここはショッピングモールなのに、自分は勉強している!」という、妙な優越感に浸ることができます。

いっそのこと、その優越感を利用して、サクッと勉強してしまいましょう。

ショッピングモールで勉強するデメリット

カフェでもそうでしたが、ショッピングモールは不特定多数の方が訪れる場所です。

他に座りたい人もいるかもしれません。

他にも空席があればいいのですが、もし満席なら、勉強は短めにして、切り上げましょう。

ショッピングモールではこんな勉強がオススメ

暗記

ここは暗記一択です。

暗記科目は、場所をとらず、また、その場から移動しないといけなくなったり、あるいは移動したくなった場合に、すぐ動けます。

英単語など、ポケットサイズの暗記用参考書がおすすめです。

(5)公園

おすすめの場所、最後は、公園です。

公園

①メリット

開放感があってはかどる

②デメリット

椅子はあってもテーブルがない(あっても汚れている)

③おすすめの勉強カテゴリー

暗記

公園で勉強するメリット

まあ、当たり前ですが、公園には仕切りも屋根もありません。

見上げれば空です。

なので、普段から家や図書館、カフェなど、建物の中で勉強している人(ほとんどそうだと思いますが)にとって、公園という場所が気分転換につながります。

やる気が下がりがちな時こそ、ちょっと公園に行って勉強するのもアリです。

公園で勉強するデメリット

基本的に公園は、勉強するために設けられていません。

椅子はあっても、砂埃がついているし、テーブルはないことがほとんどです。

そのため、気分転換にちょっと勉強しようかな、ぐらいの感覚でちょうどいいと思います。

公園ではこんな勉強がオススメ

暗記

暗記一択です。

あくまで、ちょっと気分転換をかねて公園で勉強するので、ポケットサイズの暗記用の参考書を持って出かけましょう。



まとめ:暗記や計算、参考書を読む勉強ができる場所のおすすめ5選

では、勉強ができるおすすめの場所について、おさらいです。

勉強ができる場所のおすすめ

(1)家の食卓(テーブル)

⇒おすすめの勉強カテゴリー:暗記、参考書を読む

(2)図書館

⇒おすすめの勉強カテゴリー:暗記、計算、参考書を読む

(3)カフェ

⇒おすすめの勉強カテゴリー:暗記、参考書を読む

(4)ショッピングモール

⇒おすすめの勉強カテゴリー:暗記

(5)公園

⇒おすすめの勉強カテゴリー:暗記

上記の(1)から(5)を、自分の生活パターンに置き換えて、うまく活用してみてくださいね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

学生の皆様が、日々効率良く勉強できますように!

アオイソラ

↓よかったら下のボタンをポチッと押してくださいませ!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

定期テストに向けた勉強計画の効率的な立て方8選!(全教科約15点UPの実績アリ!) 「定期テストの時期が近づいてるから、計画を立ててうまく進めたいんだけど、ノートに計画を書いてもいつも計画倒れに終わってしまって一日終わ...
勉強と部活を両立させて、学校の定期テストに臨むための思考法3選(失敗談アリ(涙)) 「毎日勉強も部活もどっちもしないといけない。家に帰る頃には疲れ切ってしまっていて、風呂に入って夕飯食べたら、眠たくてもう無理。とてもじ...


ABOUT ME
アオイソラ
在宅で経理事務をするフリーライター。マラソン歴10年。当サイトではマラソン関連の情報のほか、学生の悩み解決についての情報や、個人でもできるSDGsについての情報を発信中。現在スポリートアンバサダーの活動中。 <陸上競技PB> ・10kmマラソンPB…36:37(グロスタイム) ・ハーフマラソンPB…1:24:39(グロスタイム) ・フルマラソンPB…2:59:53(グロスタイム)